やまと動物病院からのお知らせ お知らせ一覧はこちら

2020/10/18(日)

パピヨンちゃんが両後肢麻痺グレード5で来院されました。即日MRI検査で第1-2腰椎間椎間板ヘルニア・右側圧迫と診断し手術となりました。→<その2>へ続く

2020/10/16(金)

当院では他院からのご紹介などもあり、前十字靭帯断裂の整復手術はとても多いです。体重・犬種にあわせて手術方法を選択しますが、実際に関節内部の壊れた半月板・靭帯の様子、骨の形状や膝蓋骨のバランスなどを観察しながら細かに術式を変化させていくと、術後の回復がとても良くなります。また、 […]

2020/10/14(水)

ダックスちゃんが発作の症状で来院されました。MRI検査と脳脊髄液検査の結果から、肉芽腫性髄膜脳脊髄炎の疑いが強く治療を開始しました。その後症状は落ち着いています。よかったね。

2020/10/12(月)

チワワちゃんが黄疸を伴う体調不良で来院されました。エコー検査で胆嚢破裂を疑い開腹手術となりました。胆嚢摘出および漏れ出た胆嚢内容物を洗浄しました。無事元気に退院していきました。よかったね。

2020/10/10(土)

ベントラルスロット手術を行いました。術後麻痺もなくなり元気に退院しました。よかったね。

2020/10/8(木)

ダックスちゃんが四肢不全麻痺の症状で来院されました。MRI検査で第4-5頸椎間椎間板ヘルニアと診断し手術となりました。→<その2>へ続く

2020/10/3(土)

トイプードルちゃんが踵にできた腫瘍の切除希望で来院されました。病理組織検査の結果はリンパ管肉腫でした。異型度は高くない腫瘍なのですが局所浸潤性が強いため再発には注意が必要です。

2020/10/1(木)

ポメラニアンちゃんが左前腕骨折で来院されました来院されました。橈尺骨骨折は動物病院では一番よくある骨折だと思います。ロッキングプレートであるPAXで対応しました。治りも順調で元気に帰りました。よかったね。

2020/9/29(火)

前回のMRIからの手術です。MRIの画像と解剖を照らし合わせながら、筋肉や神経を損傷しないよう慎重に手術を行いました。無事切除終了し、病理組織検査も術前の診断どおり脂肪腫でした。元気に退院しました。よかったね。

2020/9/27(日)

左足の大腿部に巨大な腫瘍ができたワンちゃんが来院されました。MRI検査と細胞診から筋間脂肪腫が疑われました。 

やまと動物病院について

  • やまと動物病院 安東本院
  • やまと動物病院 瀬名病院
  • やまと動物病院 駒越病院
  • やまと動物病院 静岡南病院

やまと動物病院 診療時間

★安東本院の診療時間

  診療時間
午前 9:00 ~ 11:30 診療あり 診療あり 診療あり 休診 診療あり 診療あり 休診
午後 3:00 ~ 6:30 診療あり 診療あり 診療あり - 診療あり - 休診
3:00 ~ 5:30 - - - 診療あり - -
1:00 ~ 4:30 - - - - - 診療あり

★瀬名病院の診療時間

  診療時間
午前 9:00 ~ 11:30 診療あり 診療あり 診療あり 診療あり 休診 - -
9:00 ~ 11:00 - - - - 休診 診療あり 診療あり
午後 3:00 ~ 6:30 診療あり 診療あり 診療あり 休診 休診 - -
1:00 ~ 5:00 - - - 診療あり 診療あり

★駒越病院の診療時間

駒越病院は予約診療になりますので、駒越病院もしくは安東本院のほうへお電話にてご予約ください。

★静岡南病院の診療時間

  診療時間
午前 9:00 ~ 11:30 診療あり 診療あり 診療あり 診療あり - - -
9:00 ~ 11:00 - - - - 診療あり 診療あり 診療あり
午後 3:00 ~ 6:30 診療あり 診療あり 診療あり 休診 - - -
1:00 ~ 5:00 - - - 診療あり 診療あり 診療あり

夜間・時間外など、急患の際は電話でお問い合わせ下さい。

診療ありが診療時間になります。

曜日により時間が異なりますのでご注意ください。

診療案内

ご不明な点がございましたら診察時間内にお電話にてご相談ください。

  • 安東本院 TEL 054-246-7111 詳しくはこちら
  • 瀬名病院 TEL 054-265-6200 詳しくはこちら
  • 駒越病院 TEL 054-337-3210 詳しくはこちら
  • 静岡南 TEL 054-269-5555 詳しくはこちら
スタッフ募集

JARMeC 日本動物高度医療センター

日本動物高度医療センター
との連携について

当院は日本動物高度医療センターと連携をとっており 放射線治療など、より高度な治療を必要とする場合 連携して治療が受けられるようになっています。