やまと動物病院 > お知らせ

の特発性癲癇(てんかん)発作のMRI検査

2019/11/17(日)

けいれん発作が出るワンちゃんが来院されました。MRI検査では脳に構造上の異常を認めず、特発性てんかんとの診断でお薬での治療となりました。発作は現在のところ、お薬で良好にコントロールされています。

犬の脳腫瘍疑いのMRI 検査

2019/11/15(金)

神経症状の精査依頼でMRI検査のご紹介がありました。MRI検査にて脳腫瘍が疑われました。ご紹介もとの先生のところで治療となりました。

犬の膀胱結石の手術(泌尿器外科)

2019/11/13(水)

血尿・頻尿の症状で来院されました。レントゲン・エコー検査にて、尿道・膀胱内に結石を認め、手術による摘出となりました。無事手術も終わり元気に退院しました。よかったね。

犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)の手術(整形外科)

2019/11/11(月)

小型犬にはとても多い病気です。膝のお皿が脱臼して足を痛がったり、つけなくなったりします。当院では症状(跛行、脚変形、疼痛)が持続する場合に手術をおすすめしています。手術方法は症状の程度や重症度(グレード)を総合的に判断して、内側解放、滑車溝造溝(トンネルリセッション他)、脛骨稜転移、関節包の調節・縫縮、ラテラルスーチャー他、複数の手技を組み合わせて行います。症例にあわせて複数ある手術方法を適切に組み合わせるのが大切です。今回のワンちゃんも元気に走れるようになりました。よかったね。

イヌの腰部椎間板ヘルニア MRI検査からの手術<その2>

2019/11/9(土)

手術の様子です。骨髄移植も併用しました。その後順調に回復、手術から1週間で元気に歩いて退院しました。よかったね。

イヌの腰部椎間板ヘルニア MRI検査からの手術<その1>

2019/11/7(木)

ダックスちゃんが両後肢麻痺グレード4で来院されました。即日MRI検査で第1-2腰椎間椎間板ヘルニア・左側圧迫と診断し手術となりました。→<その2>へ続く

犬の耳介腫瘍の切除手術(腫瘍外科)

2019/11/5(火)

耳にできた黒いできものを心配されて来院されました。外科的に切除しました。病理組織検査の結果は「黒色細胞腫」で良性でした。よかったね。

イヌの特発性癲癇(てんかん)発作のMRI検査

2019/11/3(日)

けいれん発作が出るワンちゃんが来院されました。MRI検査では脳に構造上の異常を認めず、特発性てんかんとの診断でお薬での治療となりました。発作は現在のところ、お薬で良好にコントロールされています。

犬の歯石除去の手術(歯科)

2019/11/1(金)

多くのワンちゃん、ネコちゃんは高齢になると歯周病に罹患しています。これらの治療にはきちんとした手順で歯周治療を行うことが大切です。歯石をスケーラーで落とすだけでなく、見えないところの治療であるルートプレーニング、キュレッタージ、ポリッシングといった工程が大切になります。また、抜歯が必要な歯を残すと比較的すぐに再治療が必要になることが多く、結果として負担を増やすこととなります。将来を見据えての治療が大切です。

ネコの消化管リンパ腫の手術(腫瘍外科)

2019/10/30(水)

ネコさんが腸閉塞の症状で来院されました。エコー画像から消化管腫瘍および穿孔が疑われたため手術となりました。腫瘍部分の腸管を切除し断端同士を吻合しました。病理組織検査の結果は「リンパ腫(高グレード)」でした。元気に退院し、その後抗ガン剤での治療となりました。

診療案内

ご不明な点がございましたら診察時間内にお電話にてご相談ください。

  • 安東本院 TEL 054-246-7111 詳しくはこちら
  • 瀬名病院 TEL 054-265-6200 詳しくはこちら
  • 駒越病院 TEL 054-337-3210 詳しくはこちら
  • 静岡南 TEL 054-269-5555 詳しくはこちら

JARMeC 日本動物高度医療センター

日本動物高度医療センター
との連携について

当院は日本動物高度医療センターと連携をとっており 放射線治療など、より高度な治療を必要とする場合 連携して治療が受けられるようになっています。