やまと動物病院 > お知らせ > お知らせ一覧 > 犬の急性肺水腫の治療薬(ピモベンダンの注射)

犬の急性肺水腫の治療薬(ピモベンダンの注射)

2018/6/12(火)

もともと心臓の悪いワンちゃんが、急に呼吸が苦しいとのことで来院されることがあります。この場合急性肺水腫といって、心臓病の悪化から肺に水がたまって呼吸困難になっていることが多いです。すぐに酸素室を用意し、利尿剤や血管拡張薬で治療していきますが、残念ながら亡くなってしまうケースもありました。しかし最近はピモベンダンという強心薬の静脈注射を併用することでこの病気の救命率がかなり向上しました。日本ではピモベンダンの内服薬はあるのですが、注射薬は海外からの個人輸入になります。今回も10本輸入しましたが、ワンちゃんのサイズによっては何本も使用することがあるため、在庫は常に注意しています。もちろん分院にも配備してありますのでご安心ください。

診療案内

ご不明な点がございましたら診察時間内にお電話にてご相談ください。

  • 安東本院 TEL 054-246-7111 詳しくはこちら
  • 瀬名病院 TEL 054-265-6200 詳しくはこちら
  • 駒越病院 TEL 054-337-3210 詳しくはこちら
  • 静岡南 TEL 054-269-5555 詳しくはこちら

JARMeC 日本動物高度医療センター

日本動物高度医療センター
との連携について

当院は日本動物高度医療センターと連携をとっており 放射線治療など、より高度な治療を必要とする場合 連携して治療が受けられるようになっています。