やまと動物病院 > お知らせ > お知らせ一覧

イヌの頚部椎間板ヘルニアのMRI検査→手術(ベントラルスロット術)②

2019/7/17(水)

前回の検査後の手術です。首の椎間板ヘルニアに対して行う手術をベントラルスロット術といいます。神経を圧迫している椎間板物質を、ノド側からアプローチして取り除く手術です。無事終了し翌日には跛行も消失しました。よかったね。

イヌの頚部椎間板ヘルニアのMRI検査→手術(ベントラルスロット術)①

2019/7/15(月)

前肢跛行の症状で来院されました。MRI検査の結果第3-4頚椎間の椎間板ヘルニアを認め手術となりました。

子猫の里親さん募集しています→7/13決まりました。ありがとうございます。

2019/7/1(月)

2ヶ月の男の子。元気で遊ぶのが大好きな子です。面会できます(要予約になります。安東本院までお電話にてお問い合わせ下さい)

イヌの胸腰部椎間板ヘルニアのMRI検査

2019/6/30(日)

ポメラニアンちゃんが右足の歩き方がおかしいとのことで来院されました。痛がりもなく、一見普通に歩けるし走れるのですが、右後足に神経反射の低下が認められました。MRI検査では胸腰部に大きな椎間板ヘルニアを認めました。飼い主様との相談ののち内科治療を行った結果、2ヶ月くらいで反射も元に戻りました。

犬の前庭疾患のMRI検査

2019/6/28(金)

ポメラニアンちゃんがふらつき、眼振の症状で来院されました。MRI検査にて頸部に多発性の椎間板ヘルニアはありましたが脳には構造上の異常を認めずお薬での治療となりました。

犬の外耳道炎に対する外側耳道切開術

2019/6/26(水)

柴犬ちゃんが外耳炎症状で来院されました。慢性化していたため外側耳道切開術を行いました。今回の子はまだ垂直耳道切除まではやらなくて済みました。外耳炎は病期と進行速度を考慮しての早目の外科対応が大切だと思います。

猫の大腿骨骨折と股関節脱臼の手術(整形外科)

2019/6/24(月)

交通事故で右足の大腿骨遠位骨折と股関節脱臼を併発した猫ちゃんが来院されました。外科的に整復し無事歩けるようになりました(術後2週間の歩行)よかったね。

子猫の里親さん募集しています→6/22決まりました。ありがとうございます。

2019/6/13(木)

茶トラ 男の子 2ヶ月 甘えん坊です。面会できます(要予約になります。安東本院までお電話にてお問い合わせ下さい)

 

犬の橈尺骨骨折の手術(整形外科)

2019/6/12(水)

右前腕骨折のポメラニアンちゃんです。橈尺骨骨折は動物病院では一番よくある骨折だと思います。ロッキングプレートであるPAXで対応しました。治りも順調で元気に帰りました。よかったね。

犬の子宮蓄膿症の手術(外科)

2019/6/10(月)

子宮の中にバイ菌が感染し、膿がたまってしまう病気です。食欲・元気がない、膣から膿が出る、お水を飲む量が増加するなどで気がつかれることが多いようです。超音波検査で迅速に診断できます。治療には子宮と卵巣を摘出する手術が必要です。治療が遅れると、腎不全や敗血症、腹膜炎を起こす怖い病気ですので注意が必要です。写真のワンちゃんも無事元気に退院できました。よかったね。

診療案内

ご不明な点がございましたら診察時間内にお電話にてご相談ください。

  • 安東本院 TEL 054-246-7111 詳しくはこちら
  • 瀬名病院 TEL 054-265-6200 詳しくはこちら
  • 駒越病院 TEL 054-337-3210 詳しくはこちら
  • 静岡南 TEL 054-269-5555 詳しくはこちら

JARMeC 日本動物高度医療センター

日本動物高度医療センター
との連携について

当院は日本動物高度医療センターと連携をとっており 放射線治療など、より高度な治療を必要とする場合 連携して治療が受けられるようになっています。