やまと動物病院 > お知らせ

犬の体表腫瘤の手術(外科)

2016/12/2(金)

ダックスちゃんが腰のあたりのシコリで来院されました。炎症があるため外科切除を行い検査に出しました。検査結果は「線維性付属器過誤腫」でした。無事元気に退院しました。以下、病理診断医のコメント:皮膚腫瘤では、増生所見を示す皮膚付属器周囲に膠原線維の増生、粘液の産生、慢性炎症が認められるため、奇形の一種の過誤腫であると考えられます。003800%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

犬の癲癇(てんかん)発作のMRI検査

2016/11/30(水)

以前から時折けいれん発作が出るとのことで来院されました。今回は避妊手術と一緒に脳の検査がしたいとのご依頼でした。MRI検査では脳に構造上の異常を認めず、特発性てんかんとの診断でお薬での治療となりました。発作は現在のところ、お薬で良好にコントロールされています。999

第3眼瞼腺逸脱(チェリーアイ)の手術(眼科)

2016/11/28(月)

コッカースパニエルやブルドッグに多い病気ですが、最近はチワワなどにも多い病気です。涙を作る第3眼瞼腺の基部がとび出したまま、元に戻らなくなります。単純に切除をしてしまうとドライアイになってしまいますので、手術で元の場所に戻す必要があります。写真の子は両側に発症したため左右同時に手術で治しました。999

眼瞼腫瘤の切除手術(眼科)

2016/11/26(土)

加齢に伴って、まぶたにシコリができることがあります。眼球に対して刺激になって結膜炎や痛みの症状が出る、視覚の妨げになるなどの場合には手術をおすすめします。再発のないようにイボを根っこから「楔形」や「四辺」をイメージに切り取って縫い合わせます。アイラインが確実にピッタリ合うように丁寧に縫うことが仕上がりの良し悪しを決めます。008

犬の膀胱腫瘤検査(エコーガイド下カテーテル生検)

2016/11/24(木)

血尿・頻尿の症状で来院されました。エコー検査で膀胱尿道移行部の粘膜面に不整を認め、全身麻酔下にて細胞検査を行いました。エコーガイド下でカテーテルを病変部分に誘導し細胞を採取しました。針で刺す検査に比べ悪い細胞を撒き散らす心配のない優れた検査です。999998

犬の膀胱・尿道結石の手術(外科)

2016/11/22(火)

突然の尿が出ない症状で来院されました。レントゲン・エコー検査にて、尿道と膀胱内に複数の結石を認め、緊急手術による摘出となりました。分析検査の結果は「シュウ酸カルシウム尿石」でした。無事手術も終わり元気に退院しました。よかったね。030

イヌの膝蓋骨脱臼(パテラ)の手術(整形外科)

2016/11/20(日)

何度もアップしているこの手術ですが、小型犬にはとても多い病気です。膝のお皿が脱臼して足を痛がったり、つけなくなったりします。当院では症状(跛行、脚変形、疼痛)が持続する場合に手術をおすすめしています。手術方法は症状の程度や重症度(グレード)を総合的に判断して、内側解放、滑車溝造溝(トンネルリセッション他)、脛骨稜転移、関節包の調節・縫縮、ラテラルスーチャー他、複数の手技を組み合わせて行います。症例にあわせて複数ある手術方法を適切に組み合わせるのが大切です。999

犬の腰部椎間板ヘルニアの手術《2》

2016/11/18(金)

前回のMRIからの手術です。自家骨髄細胞移植も併用し、順調に自立歩行が可能となりました。よかったね。1935_8814_20150919180659-0

犬の腰部椎間板ヘルニアのMRI検査《1》

2016/11/16(水)

ダックスの両後足麻痺グレード4でした。MRI検査にて第1-2腰椎間、右側圧迫と診断し、手術となりました。999

犬の鼻腔腫瘍のMRI検査

2016/11/14(月)

鼻腔腫瘍を疑う症状のワンちゃんが来院されました。精密検査のためMRI検査と同時に鼻の穴からの細胞診検査を行いました。細胞診検査の結果では「扁平上皮癌の疑い」ということでした。999998

診療案内

ご不明な点がございましたら診察時間内にお電話にてご相談ください。

  • 安東本院 TEL 054-246-7111 詳しくはこちら
  • 瀬名病院 TEL 054-265-6200 詳しくはこちら
  • 駒越病院 TEL 054-337-3210 詳しくはこちら
  • 静岡南 TEL 054-269-5555 詳しくはこちら

JARMeC 日本動物高度医療センター

日本動物高度医療センター
との連携について

当院は日本動物高度医療センターと連携をとっており 放射線治療など、より高度な治療を必要とする場合 連携して治療が受けられるようになっています。