やまと動物病院 > お知らせ > お知らせ一覧

犬の胸腰部椎間板ヘルニア MRI検査からの手術<その1>

2018/1/23(火)

ダックスの両後足麻痺グレード4で来院されました。MRI検査にて第13胸椎-第1腰椎間、左側圧迫と診断し、手術となりました。→その2に続く

犬の子宮蓄膿症の手術(外科)

2018/1/21(日)

子宮の中にバイ菌が感染し、膿がたまってしまう病気です。食欲・元気がない、膣から膿が出る、お水を飲む量が増加するなどで気がつかれることが多いようです。超音波検査で迅速に診断できます。治療には子宮と卵巣を摘出する手術が必要です。治療が遅れると、腎不全や敗血症、腹膜炎を起こす怖い病気ですので注意が必要です。写真のワンちゃんも無事元気に退院できました。よかったね。

犬の内視鏡による胃内異物摘出(ペットボトルの蓋)

2018/1/19(金)

避妊手術でお預かりしたワンちゃんが、手術前にペットボトルの蓋を嘔吐しました(しかも4つ)。そのためまだ胃の中にある可能性を考慮し、手術の時に胃の内視鏡検査を同時に行いました。胃の中にはさらに6つのペットボトルの蓋があり、すべて内視鏡で摘出しました。その後無事元気に退院しました。よかったね。

犬の胸腰部椎間板ヘルニアのMRI検査と内科治療

2018/1/17(水)

ミニチュアダックスの両後足麻痺グレード2でした。MRI検査にて第13胸椎-第1腰椎間右側圧迫と診断しました(腰椎8個)。画像結果(圧迫が軽度および頭側の脊髄が高信号でFCEも考慮)およびグレード2であったため、相談の結果まず内科的に治療をしていくこととなりました。その後順調に回復し、1ヵ月後には元気に歩けるようになりました。よかったね。

犬の胸腰部椎間板ヘルニアMRI検査からの手術(その2)

2018/1/15(月)

前回のMRIからの手術です。自家骨髄細胞移植も併用し、順調に歩行が可能となりました。よかったね。

犬の胸腰部椎間板ヘルニアMRI検査からの手術(その1)

2018/1/12(金)

ダックスちゃんの両後足麻痺グレード4でした。MRI検査にて第13胸椎-第1腰椎間、左側圧迫と診断し、手術となりました。(犬の椎間板ヘルニアでは、撮像時のスライス厚などの設定、圧迫物質の性状から、サジタル断面・アキシャル断面・コロナル断面の3断面すべてに圧迫物質が明瞭に写るとは限りません。見えにくい断面が出ることも多いですので、必ず3断面すべてを総合的に評価することが大切かと考えています)→その2へ続く

犬の脾臓摘出手術(外科)

2018/1/10(水)

ワンちゃんがお腹の腫れで来院されました。超音波検査で脾臓に腫瘤を認め、相談の結果脾臓の摘出をご希望されました。脾臓の腫瘤は良性の場合と悪性(ガン)の場合があります。ただし、脾臓は血液が豊富な臓器であるために良性でも腫瘍が破けて出血を起こすと致命的になります。手術も無事終了し元気に退院しました。病理組織検査の結果は「脾血腫/髄外造血」で良性でした。よかったね。

犬の肝細胞癌の手術(腫瘍外科)

2018/1/8(月)

8歳のワンちゃんが、元気食欲不振で来院されました。超音波検査の結果、肝臓の内側左葉というところに大きな腫瘍を認め手術となりました。無事摘出し元気に退院しました。病理組織検査の結果は「肝細胞癌」でした。以下、病理診断医のコメント:肝臓腫瘤では、肝細胞由来の腫瘍細胞の増殖巣が認められます。腫瘍細胞に核異型などの悪性所見が認められるため、肝細胞癌と診断します。マージンは確保されていますが、念のため経過をご観察ください。→現在1年半経過し、定期的な検診でチェックしていますが、再発もなく良好です。

犬の特発性癲癇(てんかん)発作のMRI検査

2018/1/6(土)

けいれん発作が出るとのことでMRI検査希望でご紹介がありました。チワワでしたので脳炎などを心配されていましたが、MRI検査では脳に構造上の異常を認めず、特発性てんかんとの診断でご紹介いただいた病院様へお返しさせていただきました。

犬の会陰ヘルニアの整復手術(外科)

2018/1/4(木)

5~6歳以上の去勢手術をしていないオス犬に多い病気ですが、メス犬や去勢した犬に起こることもあります。お尻の筋肉が萎縮した結果、筋肉の隙間から直腸や膀胱が皮膚の下にとびでてしまいます。これにより便が出にくくなったり膀胱炎になったりします。手術をすることで機能回復および今後の致死的な状況を回避することができます。当院では去勢手術→結腸固定→前立腺固定→骨盤隔膜構成筋の縫縮→内閉鎖筋フラップ→浅臀筋フラップの順で通常腹側・臀部左右両側同時に行います。また老化以外に、筋肉が萎縮する原因があったり、腹圧がかかる原因があったりする場合も多いので、再発防止のためそれらの治療も重要です。今回のワンちゃんも無事手術も終わり元気に退院しました。よかったね。

診療案内

ご不明な点がございましたら診察時間内にお電話にてご相談ください。

  • 安東本院 TEL 054-246-7111 詳しくはこちら
  • 瀬名病院 TEL 054-265-6200 詳しくはこちら
  • 駒越病院 TEL 054-337-3210 詳しくはこちら
  • 静岡南 TEL 054-269-5555 詳しくはこちら

JARMeC 日本動物高度医療センター

日本動物高度医療センター
との連携について

当院は日本動物高度医療センターと連携をとっており 放射線治療など、より高度な治療を必要とする場合 連携して治療が受けられるようになっています。