やまと動物病院 > お知らせ

犬の乳腺腫瘍の摘出手術(腫瘍外科)

2017/11/25(土)

Mダックスちゃんが左の乳腺にできたシコリを気にされて来院されました。右側は過去に切除済みでしたので、左側乳腺全切除手術で対応しました。摘出後の病理組織検査の結果は、「乳腺癌(単純型)」でした。腫瘍細胞の明らかな脈管侵入像は観察されず、サージカルマージンも明瞭でした。

犬の歯石除去の手術(歯科)

2017/11/23(木)

多くのワンちゃん、ネコちゃんは高齢になると歯周病に罹患しています。これらの治療にはきちんとした手順で歯周治療を行うことが大切です。歯石をスケーラーで落とすだけでなく、見えないところの治療であるルートプレーニング、キュレッタージ、ポリッシングといった工程が大切になります。また、抜歯が必要な歯を残すと比較的すぐに再治療が必要になることが多く、結果として負担を増やすこととなります。将来を見据えての治療が大切です。

犬の内視鏡による異物摘出(お菓子の袋、ペットボトルの蓋)

2017/11/21(火)

お菓子の袋を大量に食べてしまったワンちゃんが内視鏡依頼でご紹介がありました。他にも何か食べているかもとのことでした。内視鏡で確認したところお菓子の袋とペットボトルの蓋が回収されました。その後無事元気にご紹介病院様へお返しできました。よかったね。

イヌの膝蓋骨脱臼(パテラ)の手術(整形外科)

2017/11/19(日)

小型犬にはとても多い病気です。膝のお皿が脱臼して足を痛がったり、つけなくなったりします。当院では症状(跛行、脚変形、疼痛)が持続する場合に手術をおすすめしています。手術方法は症状の程度や重症度(グレード)を総合的に判断して、内側解放、滑車溝造溝(トンネルリセッション他)、脛骨稜転移、関節包の調節・縫縮、ラテラルスーチャー他、複数の手技を組み合わせて行います。症例にあわせて複数ある手術方法を適切に組み合わせるのが大切です。今回の子も無事普通に歩けるようになりました。よかったね。

ネコの歯周外科手術(歯科)

2017/11/17(金)

ネコさんが頬から膿が出て食欲が落ちているとのことで来院されました。奥歯に重度の歯周病を認めそこが化膿していました。悪い歯を抜歯し、歯肉を縫合しました。術後は食欲も戻り元気に退院しました。よかったね。

犬の内視鏡による胃内異物摘出(トウモロコシの芯)

2017/11/15(水)

2~3週間前から嘔吐が止まらないというワンちゃんが来院されました。超音波検査では腸閉塞の所見はなかったのですが、胃の中に異物を疑うエコー像が確認されました。ワンちゃんの方では心当たりのある異物誤食癖はありませんでした。エコー画像での異物表面の不整な様子と、異物表面と音響陰影までに距離があることからトウモロコシの芯を疑いましたが、11月だぞ?ということで、内視鏡検査にて確認したところ、胃の中に黒い異物を認めバスケット鉗子にて摘出しました。肉眼で確認するとやはりトウモロコシの芯でした(いつから胃の中にあったんでしょう?)。無事元気に退院しました。よかったね。

犬の腰部椎間板ヘルニアのMRI検査からの手術(その2)

2017/11/13(月)

前回のMRIからの手術です。自家骨髄細胞移植も併用し、その後、順調に歩行が可能となったとのご報告をいただきました。よかったね。

犬の腰部椎間板ヘルニアのMRI検査からの手術(その1)

2017/11/11(土)

ダックスの両後足麻痺グレード5の症例でご紹介がありました。MRI検査にて第1-2腰椎間、左側圧迫と診断し、手術となりました→その2へ続く

犬の内視鏡による胃内異物摘出(ペットボトルの蓋)

2017/11/9(木)

ペットボトルの蓋を飲み込んでしまったワンちゃんが来院されました。目の前で飲み込んだのを目撃したとのことでした。内視鏡で確認したところ別の蓋のようなものを含め合計2個の蓋が回収されました。見てないところでも飲み込んでいたのですね。その後無事元気に退院しました。よかったね。

犬の肥満細胞腫の手術(腫瘍外科)

2017/11/7(火)

腿の後ろ側に腫瘍のできたワンちゃんが来院されました。細胞診検査の結果、悪性の「肥満細胞腫」と診断され、手術となりました。手術では腫瘍を残さず取り切るために、周囲と深さを腫瘍より大きく取ります。深さは筋膜1枚取ることでバリアとします。術後の病理組織検査の結果では「肥満細胞腫(グレードⅡ/低グレード)/反応性リンパ節」腫瘍細胞の脈管浸潤は観察されず、マージンも確保されました。よかったね。

診療案内

ご不明な点がございましたら診察時間内にお電話にてご相談ください。

  • 安東本院 TEL 054-246-7111 詳しくはこちら
  • 瀬名病院 TEL 054-265-6200 詳しくはこちら
  • 駒越病院 TEL 054-337-3210 詳しくはこちら
  • 静岡南 TEL 054-269-5555 詳しくはこちら

JARMeC 日本動物高度医療センター

日本動物高度医療センター
との連携について

当院は日本動物高度医療センターと連携をとっており 放射線治療など、より高度な治療を必要とする場合 連携して治療が受けられるようになっています。