やまと動物病院 > お知らせ

ベントラルスロット術(頚部椎間板ヘルニアの手術)

2012/10/3(水)

首の骨4番目と5番目の間の手術です。術後痛みもとれ、元気になりました。

ベントラルスロット術(頚部椎間板ヘルニアの手術)

2012/9/30(日)

7個ある首の骨のうち、6番目と7番目の間の椎間板ヘルニアです。この部位の手術は一番難しい場所です。

椎間板ヘルニアの造影

2012/9/27(木)

当院では椎間板ヘルニアのMRI検査にも造影剤を使用します。これは①悪い箇所が複数あった場合に主病変がどこなのかを特定するのに有用である ということと、②とび出した椎間板物質の形がはっきりするので正確な手術計画が立てられる ということで行っています。

ベントラルスロット術(頚部椎間板ヘルニアの手術)

2012/9/24(月)

先月、今月は頚部椎間板ヘルニアや環椎-軸椎不安定症などの頚椎関係の手術が多いです。この子は第4-5頚椎間の椎間板ヘルニアでした。発生部位により手術の難易度が異なります。

サバンナモニターの手術(エキゾチック)

2012/9/21(金)

左目の下まぶたに大きなおできができて来院されました。まず尾の血管に麻酔の注射をし、気管挿管をして眠らせます。その後おできを切除・縫合し麻酔をさまして無事手術終了です。

短頭犬種の呼吸困難

2012/9/18(火)

フレンチブルドックやボストンテリア、パグ、ペキニーズといった短頭犬種は普段から呼吸がガーガーと苦しそうな子が多いと思いますが、実は短時間の手術で症状が改善できる子がとても多いです。鼻の穴を大きくし、ノドの軟口蓋という部分を超音波メスで一部切除することで呼吸が劇的に楽になります。

凍結治療(クリヨペンX)

2012/9/14(金)

体の表面にできたイボなどを液化窒素ガスを使用して除去する治療です。当院では数年前から取り入れていますが、全身麻酔を必要とせず治療ができるため、お年寄りのワンちゃん・ネコちゃんに喜ばれています。

トーマススプリント

2012/9/11(火)

このスプリント(副子)は手術部位に体重をかけてほしくない時に使用します。手首や足首の骨折の手術後に使用するケースが多いです。活発な犬種では特に重宝します。

サバンナモニター(エキゾチック)

2012/9/8(土)

アフリカ出身のオオトカゲです。名前の通り、サバンナ(草原)に生息しています。おとなしく飼育しやすいトカゲです。

形質細胞性骨髄腫(MRI)

2012/9/4(火)

12歳のワンちゃんが両後肢の重度麻痺で来院されました。MRI検査にて第2腰椎に発生した腫瘍による脊髄の圧迫を確認、手術にて摘出しました。病理組織検査の結果、形質細胞性骨髄腫という悪性腫瘍でした。現在抗癌剤による治療を行い、少しずつ足が動くようになってきました。がんばれ!→9/15自分で歩行できるまで回復しました。よかったね。

診療案内

ご不明な点がございましたら診察時間内にお電話にてご相談ください。

  • 安東本院 TEL 054-246-7111 詳しくはこちら
  • 瀬名病院 TEL 054-265-6200 詳しくはこちら
  • 駒越病院 TEL 054-337-3210 詳しくはこちら
  • 静岡南 TEL 054-269-5555 詳しくはこちら

JARMeC 日本動物高度医療センター

日本動物高度医療センター
との連携について

当院は日本動物高度医療センターと連携をとっており 放射線治療など、より高度な治療を必要とする場合 連携して治療が受けられるようになっています。