やまと動物病院 > お知らせ

犬の橈尺骨骨折の手術(整形外科)

2013/12/2(月)

5ヶ月齢のトイ・プードルちゃん 前腕の骨折です。これも典型的な橈尺骨骨折でした。きれいに治りました。よかったね。

子猫の里親さん募集しています11/30)→決まりました。ありがとうございます。

2013/11/29(金)

11/30、12/1の静岡新聞アドポストにも掲載してます。とても人懐こくかわいいです。面会もできます(要予約になります。安東本院まで、お問い合わせください)→11/30 どちらも決まりました。ありがとうございます。

犬の腰部椎間板ヘルニア MRI検査から外科手術の1例

2013/11/28(木)

14歳のワンちゃんが、3ヶ月前から両側の後足の麻痺と痛みがあり、内科治療しても反応が悪いとのことで、市外の動物病院様からご紹介をうけました。グレードは2であり、歩行は可能でしたが、MRI検査にて第3-4腰椎間に大きな椎間板ヘルニアを認め手術となりました。翌日から非常に反応がよく、退院時は走って帰りました。よかったね。

猫の耳介の腫瘍(扁平上皮癌)その後

2013/11/25(月)

白い被毛の猫さんに多く発生し、紫外線誘発性と言われています。早期の外科的対応が重要です。←2012.10.9にアップした子のその後です。「やまと動物病院 耳介」で検索できます。 元気にしています。よかったね。

キアリ様奇形のMRI(脊髄空洞症)

2013/11/21(木)

市外の動物病院様からのご紹介で、キャバリアの子が首と腰の痛みで来院されました。MRI検査にて以前、今年10月にもアップした『脊髄空洞症』が確認されました。その後の内科治療で元気に過ごしています。この病気、最近は「後頭骨後部形成不全症候群」とも呼ばれます。

犬の椎間板ヘルニア MRI検査から手術の1例(その2)

2013/11/18(月)

その1の続き・・・元気に退院し、かかりつけの先生にお返しできました。よかったです。 動画1:MRI検査当日の歩行 動画2:術後3日目の歩行 動画3:術後9日目の歩行

犬の椎間板ヘルニア MRI検査から手術の1例(その1)

2013/11/14(木)

市内 他院からのご紹介でミニチュア・ダックスの子が来院されました。3日前から両後足麻痺・グレード4、MRI検査となりました。第12-13胸椎間の椎間板ヘルニアと診断、翌日手術となりました。

犬の頚部椎間板ヘルニアのMRI検査

2013/11/11(月)

ビーグルの子が四肢の不全麻痺で来院されました。MRI検査では第3-4頚椎間に椎間板ヘルニアを認めました。飼い主さんのご希望で内科治療を選択し、その後麻痺も改善し症状は良くコントロールできています。

手術が必要なケースもあれば今回のようなケースもあります。

犬の脊髄硬膜外腫瘍の外科(神経外科)

2013/11/7(木)

コーギーのワンちゃんが2週間くらいの間で後足がだんだん麻痺してきたとのことで来院されました。MRI検査にて第7胸椎付近に脊髄を圧迫する腫瘍を確認、背側椎弓切除術にて摘出しました。病理組織結果は「組織球肉腫」でした。コーギーではこの腫瘍が脊髄周囲に限らず、発生が 多いので注意が必要です。

オカメインコの卵塞(エキゾチック)

2013/11/4(月)

卵が詰まって出ないとのことで来院されました。卵塞は飼鳥ではよく診る病気です。レントゲン検査で確認し取り出します。写真の子は無事取り出せて、すっきり、元気になって帰りました。よかったね。

診療案内

ご不明な点がございましたら診察時間内にお電話にてご相談ください。

  • 安東本院 TEL 054-246-7111 詳しくはこちら
  • 瀬名病院 TEL 054-265-6200 詳しくはこちら
  • 駒越病院 TEL 054-337-3210 詳しくはこちら
  • 静岡南 TEL 054-269-5555 詳しくはこちら
スタッフ募集

JARMeC 日本動物高度医療センター

日本動物高度医療センター
との連携について

当院は日本動物高度医療センターと連携をとっており 放射線治療など、より高度な治療を必要とする場合 連携して治療が受けられるようになっています。